外反母趾が痛いときに気をつけるたった一つのこと

こんにちは
ぷいです♪

最近、右足の外反母趾が痛くてなんとかしないとなぁ~と検索してみましたら、歩き方を変えれば改善する、というではないですか!!

これは早速取り入れなければ♪というこで、要点をまとめてみました

どういうことかとバクっと説明すると、外反母趾になる人は、足の指を使ってあるいていないそうです。

着地のときに足の裏をぺちゃっとつける、ペタペタ歩きをしているのが原因で、指を使わずに指の付け根に体重がかかり、そこにかなりの衝撃を与えている…その証拠に外反母趾の人は指の付け根にタコやら魚の目やらができる・・・

はい!わたしにも右足の指の付け根にタコがあります!

正しい歩き方は、踵から着地してきちんと指まで体重移動し、最後は足の裏が見えるくらい、だそうです

せまい家の中で、意識して歩いてみたら結構難しいんです(汗)ちょっとふらつくんです(汗)ほんと、指を使って歩いてなかったんだと実感しました

きっと開帳足にもなっていると思われるわたしの足・・・これ以上、外反母趾が酷くならないように、歩き方を改善します!

外反母趾の痛みのある方、指の付け根にタコのある方、ぜひご自分の歩き方を見直してみてくださいね(o^^o)

『追記』

歩き方を意識して、変えてから脚がむくまないようになりました!

関連記事

スマートウォッチの睡眠記録がアプリと同期できないときに試す5つのこと

バリウムか胃カメラか?!3年ぶりの半日人間ドッグ

スマートウォッチで睡眠管理と運動管理のススメ~Huawei Watch GT フ...