【映画】駆け込み女と駆け出し男

2015年5月16日公開 井上ひさしの時代小説原案

監督 原田まさと

◆あらすじ
江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の医者見習い・信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも男女のもめ事を解決に向けて導き、訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。(シネマトゥデイより引用)

キャスト

中村信次郎(大泉洋)、じょご(戸田恵梨香)、お吟(満島ひかり)、戸賀崎ゆう(内山理名)、田の中勘助(松岡哲永)、法秀尼(陽月華)、お勝(キムラ緑子)、重蔵(武田真治)、風の金兵衛(中村嘉葎雄)、三代目柏屋源兵衛(樹木希林)、堀切屋三郎衛門(堤真一)、曲亭馬琴(山崎努)

わたしの大好きな俳優さん♪大泉洋さん出てます!
コミカルな題名とは裏腹に離縁を求めざるを得ない女たちの厳しい時代が描かれいます
男尊女卑の時代ですね~よかった現代に産まれてて(笑)
女からは離縁を言えないなんて、なんて時代だ!!!

重いテーマのお話ですが、時々クスッとなるシーンもあったり、感動のシーンがあったり
とてもおすすめの映画です

法秀尼を演じてた陽月華さんって、元宝塚の女優さんなんですね
「ほうしゅうがみます」というセリフの声の出し方が宝塚っぽいなぁと(笑)

お吟の満島ひかりさんも存在感はんぱないです

原作の井上ひさしさん「東慶寺花だより」を読んでいるのですが、こちらは短編に
なっています
お初!井上ひさしさんの小説で、昔の言い回しとかがすこし難しいのですが
楽しく読みました
映画と原作はストーリーが違ってるのですが、この脚本家の方はすごいです

もう一回じっくり観てみようと思うちょーおすすめの映画です

関連記事

【映画】 清須会議

【映画】 紙の月

【映画】JOKERジョーカーの感想(ネタバレあり)