【映画】 清須会議

清須会議のキャストって豪華ですね

Amazonプライムビデオをぶらぶらしていたら、なんとなく目に付いたのでみてみました~~
大泉洋さん出演されてます!
独特の雰囲気が好きです

監督脚本

三谷幸喜監督脚本
2013年11月9日に公開
原作も三谷幸喜こちらは2012年に出版

キャスト

役所広司(柴田勝家)
大泉洋(羽柴秀吉)
小日向文世(丹羽長秀)
佐藤浩市(池田恒興)
鈴木京香(お市様)
妻夫木聡(織田信雄)
伊勢谷友介(織田三十郎信包)
坂東巳之助(織田信孝)
剛力彩芽(松姫)
篠井英介(織田信長)
中村勘九郎(織田信忠)
浅野忠信(前田利家)
寺島進(黒田官兵衛)
阿南健治(滝川一益)
松山ケンイチ(堀秀政)
浅野和之(明智光秀)
染谷将太(森蘭丸)
中谷美紀(寧)
天海祐希(枝毛)
西田敏行(更科六兵衛)

あらすじ

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。

感想

まずはキャストがほんとに豪華な顔ぶれで、この映画を観るきっかけになりましたわ
世間の評価はさまざまですが、私好みの映画でした

戦国時代からの織田信長、豊臣秀吉は映画やドラマによく使われますが、どの役にどの俳優さんが起用されるのか面白いですね

羽柴秀吉役の大泉洋さんは、わたしの好きな役者さん
なにが?どこが?好きなのかと聞かれても明確には答えられないんだけど目がいってしまう人かな
金色の派手な着物を着て明るく茶目っ気たっぷりなんだけど、策略家で天下人になる陰謀も持っている藤吉郎 羽柴秀吉を演じてます
百姓出身で方言がぬけない話し方が印象的です
妻の寧々 中谷美紀さんがとっても可愛いのにも注目!宴会で踊る踊りがある意味キレッキレですごいです(笑)

織田信長や織田家の血筋の方々がすっとしたというか関西風にいうなら、しゅっとしたお顔立ちの役者さんばかり集められたのかな?!とか思いました

そのなかで織田信長の次男を演じた妻夫木聡さんがおひとりだけお顔立ちが違ってて、うつけぶりといい面白かったです

役所広司さんの柴田勝家も良かったですね~お市の方に惚れ込む可愛い姿や無骨なそして臭そうな(失礼!)感じも良かったです
お市の方を演じられた鈴木京香さんの眉まろお歯黒もすごかった(笑)
松姫の剛力彩芽さんのメイクもこわかった(笑)
でも似合ってた(笑)

なんだか、ストーリーよりもキャストばかりに注目してしまったけど、跡継ぎを決めるための心理戦なども見どころでさらりと観れるおすすめの映画です

関連記事

【映画】 紙の月

【映画】駆け込み女と駆け出し男

【映画】JOKERジョーカーの感想(ネタバレあり)