【本の感想】引き寄せの奥平亜美衣さんと吉本ばななさんの「自分を愛すると夢は叶う」

「自分を愛すると夢は叶う」

吉本ばなな 奥平亜美衣 著

最初に言っちゃいますが、

【すごく!良かった】

が、感想です(笑)

本の内容は、お二人の対談になっています。時々、編集者の西田普さんも登場します。

わたしのなかで、吉本ばななさんといえば、とても有名な小説家で、奥平亜美衣さんは、引き寄せの法則をわかりやすく世に広めた方、という認識でした。

10代後半~20代の頃に読んだ、

「キッチン」

「サンクチュアリ」

なんだか切ない気持ちになったように思い出します。

その頃は、たしか、山田詠美さん、林真理子さん、村上春樹さん、を読みまくっていました!

あぁ。懐かしなぁ

奥平亜美衣さんが、吉本ばななさんに質問して、お話しが進んでいくのですが、奥平亜美衣さんのプライベートの質問などもあったのが興味深かったです。

奥平亜美衣さんって、本を何冊も出版してて、しかもベストセラーで、なんでもわかっちゃってるのでは?!すごい人だわ!!と思ってしまうのですが、そこはやはり同じ地球に産まれてきて学んでいる同志、悩みもあるんだなぁと、変に安心したとこもあります。

吉本ばななさんのお話しも深くて確信をついてて、なによりも吉本ばななさんの考え方が好きで共感できます。

お二人が大好きな方は、もちろんそうでない方にもおすすめです!

スピリチュアル、引き寄せに興味がある方には、ますますおすすめの一冊ですよ~^^

関連記事

   【本の感想】小説 君の名は。は映像とはまた違ったすんごい世界観だった

【本】あした死んでもいい片付け 著者ごんおばちゃま

   【本の感想】鏡の法則

【本の感想】ユダヤ人大富豪の教え~ふたたびアメリカへ篇は人間関係の悩みを解決して...

【本】東慶寺花だより

【本の感想】斎藤一人流すべてうまくいくそうじ力~モノを捨てられない人に読んでほし...