【本の感想】鏡の法則

おはようございます(o^^o)

ぷいです♪

野口嘉則さんの   【鏡の法則 人生のどんな問題も解決する魔法のルール 】を読んでみました。

分厚い本ではないので、スラスラ~っと読めます。

あらすじ~

息子のいじめに悩む一人の女性が、ある人からの助言により、とうてい繋がりのないことと思っていたことで、解決への糸口を見つけていく・・・(ネタバレになるのでこれくらいで)

読んだ方がみんな涙する・・・と、レビューにありましたが、ほんと、じわぁぁぁっときました(涙)

みーんな、繋がっているんだなぁ~

一見、バラバラに見えることが、ふかーーーいところで(潜在意識とか?!)繋がってて、悩みを解決するのには、えっ?!そこ?!そっちをクリアーするの?!みたいな(笑)

わかりにくい感想ですみません(^^;)

スルッと読めてしまう本なのですが、奥が深いのでまたじっくりと読みたいです。

気になる方はぜひ一読くださいませ。

今日も最後までお読みくださり感謝です♪

Amazonで探す

Kindleで探す

楽天ブックスで探す

楽天koboで探す

7netで探す

関連記事

恐れからくる思考をリセットする3つの方法

潜在意識☆初めましてセッションに行ってきます

【本】東慶寺花だより

【体験】カラーセッションで見える潜在意識で目からウロコが落ちました

ないものじゃなくて、あるものに注目しよう!!

   【本の感想】小説 君の名は。は映像とはまた違ったすんごい世界観だった