売れない(仕事ができない)販売員の特徴

売れない、ファンのつかない販売の特徴が見えてきた。

お客様がたまたま手に取った商品をそのまま、それだけ売ってしまうのだわ。

他にも選択肢はたくさんあるのに、提示しないし提案しない。

わたしの考える理由は、いくつかある。

  • 売り場全体の商品を把握していない
  • 本当にその商品がベストかどうか考えない
  • コーディネートができない
  • めんどくさがっている
  • それだけ売っておしまい、次への一手は頭にない

それなりに商品が良くて、タイミングが合えば売れる。でも、リピートはないし指名もない。

本人的には、「売れたから、問題なし」「ラッキー」くらいにしか思っていない。

少なくともわたしは、こんな販売員から、ものを買いたくない、と思っている。

この前見た販売は、ちょー久しぶりに買いにきた顧客様に、めちゃくちゃ定番のジャケットを売っていた。

ふつーは普段には着れないカクテルジャケットなのに、「ふだんも着れるかしら」の問に、「着れます」と返答していたのだ。

そりゃ、着れるには着れるけどさー。間違ったことは言ってないけどさー。売ってしまえ精神が丸見えで、お客様がかわいそうに感じたな。

他にも見せてあげて、素敵なコーディネートを提案して、それでも最初のカクテルジャケットが気に入ったなら、それでもいい。

いろいろ見せてあげたら、おまとめ買いも期待できる。でも、高額1点で終わったのである。

売れてよかったね、だけど、本人の評価はあがらない実績になるな、と感じたできごとでした。

おしまい!

関連記事

【雑談】Twitterのタロット投稿をやめた理由について

お見舞いに行ってきました

体のネガティブな反応には逆説的セルフトークが効く!

いろんなとこにメッセージがある

生き急ぐんじゃないよ

新しいセッションメニューについての考察あれこれ編