『死』は突然やってくるもの

突然やってくる『死』について考えてみる。

人生は何が起こるかわからない、と言うけれど、人は必ず死ぬ。これだけはどうしても避けて通れない。

だからこそ、大切な人にあなたの想いを伝えておいてほしい。

大切な人がどんな想いを持っているのか聴いてほしい。

生まれる前に人生の設計図を書いてきているとしたら、死ぬ時期や死に至る経緯も自分で決めてきていることになる。

慌ただしい日常では、『死』について真剣に考える暇などない、という人がほとんどだと思う。

今日なぜこのようなテーマで書いているかというと、歴史に残る出来事があったから。

時代というのは、振り返ってみるといろいろ分析できるだろうが、渦中にいると、そんな余裕はないものである。

今日あった出来事から、『死に方』について考えさせられた。

生命(いのち)が尽きる日は、なんの前ぶれもなく突然やってくる場合も多々ある。

わたしの父は蛍光灯を替えている最中に倒れて、次の日に天国へ旅立った。あまりに突然で、父がいない現実をしばらくの間受け止められなかった。

「いつもそばにいて当たり前の人が、あっという間に消えていなくなる」「生命(いのち)の火は急に消える」

残された者は、後悔がいっぱい出てくる。

涙もいっぱい出てくる。

現実世界では、『死』は悲しい。

でも、【あの世】では死んだ人を、「おかえりなさい」「お疲れ様」と、笑顔で迎えてくれるらしい。

ほんまやろか。

確かめようがないので、ほんとのところは、なにもわからない。

ただわかっているのは、誰もが必ず死ぬということ。

そして、『死』がいつやってくるのかもわからない、ということ。

だからこそ、

  • 【今】を大事にする
  • 自分を尊ぶ
  • 周りに感謝する
  • 生かされていると知る
  • 幸せに生きて幸せに死ぬと決める

あなたの大切な人に、あなたがどんなに幸せであるかを伝えてほしい。

突然『その日』がやってきても、悔いなく旅立てるように。

『わたしは、あなたに出会えて本当にしあわせです』

『出会ってくれてありがとう』

『大好き』

『あいしてます』

『いろいろあったけど、たのしくて、おもしろくて、充実した人生でした』

『わたしの人生に満足しています』

関連記事

お見舞いに行ってきました

生き急ぐんじゃないよ

キャメレオン竹田さんがハワイ島で野生のマンタを見ると……

現実と心の環境整備をやりましょう

目に飛び込んできた「ウラジオストク」

人を羨ましいと思う感情は、どこからくるのか