悪口トイレ掃除おばちゃんから学んだ、逃げていいし、よけてもいいよ、という話し

さっき駅の階段を登りながら、

「あっ、あれをブログに書こう」

と、思っていたのに忘れた(^_^;)

でも、とにかく書いてみようと書き出したら、思い出した!すごい!わたし天才!(そうでもない)

今日は、職場のトイレ掃除のおばちゃんたちの会話から、過去のわたしを連想した話を書く。

朝の掃除後に雑巾を洗いに行くと、いっつも人の悪口ばっかり言ってるおばちゃんがいる。

そして、その横にはもう1人のちっちゃいおばちゃんがいて、悪口を聞いてあげているのである。

ちっちゃいおばちゃんはいい人なので、たまに相づちをうつ。

よくもまぁ、あんなに毎日毎日、他人を悪く言えるものだと感心するくらいに、延々ととめどなくしゃべりまくっている。

その言葉には、完全に毒が混ざっているので、わたしはそこに行くのをやめた。

悪口おばちゃんといい人のちっちゃいおばちゃんを見て、なにを連想したかというと、過去の自分である。

2人の様子を見て、自分はこんなふうに周りに映っていたのではないだろうか、と考えた。

一方的に自分の主張だけをがんがんぶつけてくる。そやつは、相手の心などまるでなかったかのようにふるまう。

とにかく、自己中心的で自分のことしか考えない。自分の考えだけがたった一つの正解だと信じて疑わないのである。

つかまった方は大迷惑。だけど、いい人だから離れられないし、離してもらえない。

実は、言う方も無意識的に相手を選んでいるのである。ロックオンされ関係性が長く続いたら、なかなか1人では出るのは難しくなる。

実際、わたしもそこから抜け出すには、協力者が必要だった。

ちっちゃいおばちゃん(過去の自分)へのアドバイス

早くそこから逃げて

結局、自分は自分でしか救うことはできない。

もし、あなたがこれを読んで、体のどこかが反応したなら、無理をしているのかもしれない。気づかないうちに、ココロが蝕まれているかもしれない。

あなたの小さなSOSを見逃さないでほしい。そして、この言葉を贈ります。

よけていいんだよ

どうか、あなたのココロがほんのちょぴっとでも軽くなりますように。

おしまい!

関連記事

未来の働き方を考えてみたよ【往復3時間通勤をやめる】

「占い師」のイメージについて考えみた

なぜ元夫が夢にでてくるの?その原因はトラウマでした

いろんなとこにメッセージがある

社会人の学び直し~アラフィフの挑戦になるのか?!通信制大学に心惹かれてる話し

体のネガティブな反応には逆説的セルフトークが効く!