お見舞いに行ってきました

昨日は、母の友達のみちよさんのお見舞いに行ってきました

みちよさんは、わたしを2歳のころから知っている母の古くからの友達です

79歳で母より10歳上です

母は5年前に卵巣がんを発病し昨年秋に亡くなりました

みちよさんは、母の亡くなる半年ほど前に骨髄の病気になり、それがわかってからすぐにいろいろなことを整理し、妹さんのすぐ近くにアパートを借りて暮らしていました

アパートといっても今風のオシャレな綺麗な建物です

母と1度だけアパートに行きました

その時はしんどいながらもお元気でしたが、昨日はとても痩せてらしてお辛そうでした

みちよさんは

「あんなに元気だったのに、なんでこんな急に病気になったのかな」

「そろりそろり、ときてくれたらよいのに」

と、話され

わたしの母に早く迎えにきてほしい、とも言っていました

なんの確証もありませんが、わたしの母の時は母のお姉さんがお迎えにきました

みちよさんは、お父さんかおじい様だと思います

でももう少し先ですね

誰もがこの肉体から離れる時がきます

産まれるときと死ぬときはわかりませんね

それでよいのだと思います

人は産まれた瞬間から死に向かって歩んでいきます

若いうちはそのことにあまり気がつきません

わたしもそうでした

みちよさんになにもしてあげられませんが、病院での長い一日を少しでも楽に穏やかに過ごせるように、と、心で想います

関連記事

現実と心の環境整備をやりましょう

緊急事態宣言~おこもり生活3日目

心が折れにくい【目標設定】の方法

有馬温泉で起こった『浴衣が消えた事件』を検証してみました!

未来の働き方を考えてみたよ【往復3時間通勤をやめる】

冬至です