社会人の学び直し~アラフィフの挑戦になるのか?!通信制大学に心惹かれてる話し

大学生になりたくなった。きっかけは、ワーママはるさんが大学院に行きはったのを知ったからかもしれない、し、Twitterの友達?!が夫婦揃って通信大学で学び始めたと読んだからかもしれない。

まぁ、とにかく、大学に行きたいなーと思ってる。

その思いも波があるねん。わーいきたいー、と思って、わーっと調べる。

で、もう1人の自分が、「なんのためにいくん」「途中であきるんちゃうん」「そんなひまあるかー」とか言ってくる。ほんま、うるさいわ。

今考えてるのは、大手門大学と武蔵野大学。心理学を学びたいかも。なぜ、かも、と言うと、自分でもあんまりよくわからないから。

最初調べ始めたときに武蔵野大学の医療従事者向けとかの心理学コースに惹かれた。

死生観とか、トラウマとか、グリーフケア?とか、なんだかわからないけど、ピンときた。

ピンときたけど、だいたいもう1人の自分がちゃちゃ入れてくるんよね。

で、最上志向がでしゃばってきて、もっとほかにいいとこあるんじゃない?!とか言い出すねん。

そんなにお金かけるんやったら、本をいっぱい買えるから、それで勉強したら?とかコスパ計算しだしたり。

まぁ、たしかにそれも一理あるなー、と頭で納得しかけるんやけど、また気になるからYouTubeで「通信大学」とかで検索する始末……。

休むために(遊ぶため)に仕事してるんです、っていう人が身近におるんやけど、わたしは知るため学ぶために仕事するのかもしれないな。毎日学校に行きたい訳じゃないねん。今の仕事をしながら、何かを学びたいんやなー。

だがしかし、現実問題として、仕事しながら通信大学に行けるのか。リスクはなにか。考えられるリスクは、勉強が続かない、やってみたら面白くなかった、途中でやめたら学費がもったいない、とかかな。

武蔵野大学は秋入学がある。大手門も考えたけど、行くんやったら(行くんかい)武蔵野大学の3年生編入かな。2年間、勉強できるかな。やってみなわからんね。やりたかったら、やってみたら。あかんかったら、それはそれでいいやん。人生に無駄はないんやろ。

勝間さんがYouTubeで言うてた。自分の『上質世界』を知って、身の回りを上質世界だらけにする。わたしの『上質世界』はなにやろか。また、考えること増えた(笑)わたしは思考するのが好き。学習欲と内省でぐるぐる思考する。そこに最上志向が1位やから、もっともっと、上を目指してしまう。そこそこでいいよ、と意識して声をかけてあげないとね。

おやすみなさい。明日も朝起きたら新しいわたしに生まれ変わってるかな。

関連記事

おこもり生活4日目

地味に感動することの大切さ

目に飛び込んできた「ウラジオストク」

心が折れにくい【目標設定】の方法

NO IMAGE

2020/3/21本田健さんのFacebookLIVEを観て感じたこと考えたこと...

現実と心の環境整備をやりましょう